Landscape Roses

アクセスカウンタ

zoom RSS [HEALING] 聖者の朝露

<<   作成日時 : 2011/05/11 22:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「独りで大丈夫、って顔しちゃ駄目よ」
目を閉じてヒーリングを受けている最中、まやさんが唐突に切り出した一言。
会場で見聞きした何よりも胸へ、グサリと刺さりました。

4月29日、癒しフェスタ@中野サンプラザへ行ってきました。
愛読しているまやブログの加藤まやさんが、ブースを出されたのです。
まやさんのセッション(1人20分)は、争奪戦必至と判断。
開場前に駆けつけ、どうにか3番目の枠を確保したのでした。
(午後には麻生グラウンド@川崎市で、プリンスリーグ開幕戦が控えていましたし)
まやさんはイベントの最初から最後まで鑑定に忙殺され、枠が埋まったのも気づかれてなかったです。

待ち時間に、Tomokoさんのブースへお邪魔しました。
make a wish art―誰かの願いを抽象画として形にするとおっしゃるのです。
3月11日以降、変わりたいという衝動に駆られている私。
興味を持ってオーダーすれど、なりたい自分、が口をつきません。
しばし唸って綴ったフレーズが、Tomokoさんブログの最初に出てくる、汚い字。
(アップされると分かっていたら、もっと丁寧に書いたのに!)
パッと眺めると、そこそこ綺麗なフレーズではあります。
しかし、それは仕事中、電話相手の悪口を同僚と合唱する日々への嫌悪の裏返しでした。

Tomokoさんは、美大等で絵画を習ったわけではないそうです。
幼い頃から絵を描くのが大好きで、大人になっても絵を諦めませんでした。
描くことで、もっと誰かの力に…と考えて、make a wish artへたどり着いたのです。

人を褒めたり励ましたりするには、見つけた“もの”を伝達せねばなりません。
Tomokoさんが描く力を信じているように、私は言葉の力を信じているのだと気づかされました。
webで何かを書き散らす時は、いつも、自分のためだけに書いている…と連呼していますが。
気がついたことを言葉にして伝え、人の助けになりたいという気持ちも、確実に在る。
ゆえに書く行為へ固執しているのだと、Tomokoさんとのやり取りで発見できたのです。

会話から暖色系のしゃぼん玉をイメージされたTomokoさん。
(しゃぼん玉の美しさを伝える媒介として絵と文字はどちらが力を持つか…は、この時からの課題)
60色近い色鉛筆は、黄色も桃色も、言葉で差異を表現するのは困難なバリエーションでした。
その中に、蒼が1本。
緑が見当たらないと感じた自分は、黄色と青を混ぜれば…ということさえ忘れた思考硬直なのでした。

ちなみに、Tomokoさんは射手座だとおっしゃっていました。
エネルギーが外側へ向き、他者との交流に力を注ぐお姿は、サジタリウスらしいと感じました。
あとは、手首にされていたパワーストーンブレスレットにも反応。
ローズクォーツ・ラピスラズリ・アメジスト・ルチルクォーツなど多彩な顔触れでした。
…人間は、誰でも、自分が好きなことを語る時は、雄弁になるのですね。

まやさんの占いはワンポイント限定だったので、出会いについて見て頂きました。
まず、首を傾げられました。
私のホロスコープ、そういう面では、悪くはないのです。

好きになりがちな相手は、構ってあげなきゃ…と思わせるキャンサー。
結婚したい相手は、話の尽きない知的なライブラ。
ここがスクエアで…見切りの早さにも繋がっている、と。
(後日気づいたのは、Fateのアーチャーは両方を満たしているから好きなんだということだったり)

月と水星がトラインなので、気持ちの“表現”は不得手ではなく。
月と土星がスクエアなので、私なんかこんなもの、と思い込みがちなネガティブ思考。

来年末まで出会い運は悪くなく、誰かに紹介してもらっても拒まないのが大切だと言われました。
紹介してもらった相手に、最低でも3回はあって…すぐに見切らないように、と。
2014年を迎えるまでに、出会いによって劇的に人生が変わる可能性があるそうです。
出生時太陽と現在の冥王星がスクエアの今は、その入口。

人は独りでは生きていけません。
(どれだけ良い文を綴っても、発表する場を美しく仕立てて下さる方がいなければ無駄なのも一例)
物質的にも、精神的にも。
そんな“当たり前”のことすら、3月11日まで意識の表面にはなかったのです、私。

セッションでのまやさんは、ずばずば・はっきり・きっぱりおっしゃる方でした。
「10分程度のセッションで『大丈夫、大丈夫』って言っても、『あ、そうか』で終わるけど、何も変わらないでしょ?」
占い師は“どんな”人と出会うのか、知り尽くした金言だと感心しました。

スケジュールの関係で慌しい滞在でしたが、足を運んだ甲斐のあったイベントでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
[HEALING] 聖者の朝露 Landscape Roses/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる